口内細菌と全身疾患

6月4日(土)から10日(金)までは“歯と口の衛生週間”です。

今回は口内の細菌が全身におよぼす影響についてお話したいと思います。

 

口内には300種類以上、1000臆から1兆個もの細菌がすんでいます。

歯みがきが足りないと虫歯や歯周病を招くばかりか、血管に入りさまざまな病気を引き起こす原因にもなります。

 

脳卒中

血液中の歯周病菌が血栓を作り脳の血管に運ばれるなどして発症します。

 

心内膜炎

血液中の歯周病菌や毒素が心臓弁膜に至ると、そこでバイオフィルムを作り感染性の心内膜炎を引き起こします。

 

動脈硬化

歯周病菌が血管に入ると炎症を起こして動脈硬化を進行させる危険があります。

 

敗血症

免疫力の低下により歯周病菌が増殖すると心臓、肺、腎臓、筋肉、関節などにさまざまな障害が生じます。

 

糖尿病

歯周病菌が血液中に入ると血糖コントロールが悪くなり糖尿病を発症、または悪化させます。

 

肥満・メタボリックシンドローム

歯や口の調子が悪くて食べ物を良く噛まないと、満腹中枢が刺激されるまでに時間がかかり、食事量が増すため肥満を招きやすくなります。

また口内細菌が肥満の原因と関係があるとも言われています。

 

早産・低体重児出産

歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると子宮筋が収縮し、早産や低体重児出産のリスクが高まります。

 

誤嚥性肺炎

口腔機能の衰えから高齢の方は誤嚥を招きやすく、口内に細菌が多いと誤嚥性肺炎を引き起こす場合があります。

 

歯と口は体のすべての器官につながる最初の入り口、そこから“健康”を見直してみませんか?

当医院では歯みがき指導をはじめ、予防プログラムを多数ご用意しております。

ご来院お待ちしております。

 

担当 受付

上に戻る