酸蝕症(さんしょくしょう)について

  酸蝕症(さんしょくしょう)について

 

 

 

「最近歯の色が黄色くなってきた…」「歯が透けてきた…」「冷たいものがしみる…」

こういった症状はありませんか?もし該当するものがあるようでしたら酸蝕症かもしれません。

酸蝕症とは、酸性の飲食物や胃酸によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまうことです。

虫歯はプラークと呼ばれる汚れの中の細菌が糖分を栄養にして酸を作り出し、その酸によって歯が溶けることですが、酸蝕症はそのままの形でお口の中に入ってきた酸が原因になります。グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘系・炭酸飲料、ワイン、スポーツドリンク、お酢などは酸性度が高い食品です。

だらだら食べたりせず、めりはりをつけた摂り方が大切です。

酸蝕症は生活習慣病の一種と言われています。過去にはなかった食生活の変化が原因となるので、日々の生活を見直し、もし、酸蝕症を疑う症状がある方は早期予防のために、歯科医院を受診することをおすすめします。          

 

 

担当 石井 豪  

 

 

上に戻る