口呼吸について

口呼吸について

 

 

 

今回は口呼吸の弊害についてお話したいと思います。

・気付いたら口がぽかんと開いている

・鼻呼吸がしづらくて口呼吸になってしまう

この様な方は要注意になります。

 

要注意である原因の1つ目は口の中の環境が悪くなる点です。

口呼吸により口の中が乾燥し、それにより唾液の自浄作用や抗菌作用が低下します。その結果、虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすくなるのです。また、口臭・歯の黄ばみの原因にもなります。

 

2つ目は歯並びが悪くなる点です。これは特にお子様に注意してほしいです。

口呼吸により前歯が出っ歯やすきっ歯になってしまったり、お顔が長くなったり上下の歯の噛み合わせのバランスが悪くなってしまいます。

 

その他にも口呼吸の弊害として、細菌やウィルスを取り込みやすくなる、筋肉の緩みによりしわやたるみの原因になるなどが挙げられます。

一度ご自分やお子様に口呼吸の癖がないかチェックしてみて下さい。

鼻呼吸がしづらい方、鼻疾患が疑われる方は耳鼻科の受診をおすすめします。

 

担当 福田

上に戻る