根面カリエスについて


     根面カリエスについて

 

 

今回は歯の根元に出来るむし歯について考えてみたいと思います。

虫歯は、歯の噛み合わせの部分や歯と歯の間に出来るだけでなく、歯の根元から虫歯が進行することもあります。この歯の根元から始まる虫歯を根面カリエスと言います。

平成28年の歯科疾患実態調査で「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という「8020運動」で達成者率が51.2%となりました。

その反面、高齢者の残存歯が多くなったことで、根面カリエスになる機会が増えています。

根面カリエスは、歯周病や噛み合わせの問題、過度なブラッシング圧で歯茎が下がり、歯根が歯茎から露出することで、そこに汚れが溜り虫歯になります。

さらに、歯根の部分は歯冠の部分に比べて構造が弱く、虫歯にもなりやすく、一度虫歯になると進行がとても早いです。

もし、虫歯になってしまった場合は、早期であれば比較的簡単に治療を行うことが出来ます。しかし、神経がない歯の場合は自覚症状がないため、進行しやすく、高度な治療が必要になります。

歯の根元の部分は汚れが溜りやすく、歯ブラシも難しい場所のため、定期的に歯科医院での検診を受けて、しっかりケアしていくことが大切になります。

 

 

 

 

 

担当 須賀

 

上に戻る