ロイテリ菌について



ロイテリ菌で口腔内の環境改善

 

 

お口の中は体内でも菌が最も多い場所の一つです。そのため、汚れがたまっていたり、免疫力が低下すると、歯肉や粘膜が歯周病菌など悪玉菌の影響を受けて炎症が起こりやすくなります。

口腔内環境を改善するとして注目されているのが、乳酸菌の一種であるロイテリ菌です。ロイテリ菌にはロイテリという抗菌物質を作り出し、有害な菌の発育を抑えるというだけでなく、ビフィズス菌などの有益な菌と共存することが長年の研究で分かってきています。また、口腔内の炎症に効くだけでなく、生きたまま腸まで届き、ピロリ菌やアレルギーにも効果を示します。

今は気軽にロイテリ菌を取れるタブレットやヨーグルトが市販されています。

まずは、気軽にお口の菌活から始めてみるのもおすすめです。

 

担当 須賀

上に戻る