フッ素(フッ化物)を効果的に使ってむし歯の予防をしましょう

11/8は「いい歯」の日です。

今回は、むし歯予防の実力派!「フッ素」についてお話しします。                                   

フッ素とは、土の中や海水、食べ物やお茶、そして私たちのからだにも含まれている天然のミネラル成分で、とても身近な成分なのです。

フッ素(フッ化物)は、むし歯の予防や、初期むし歯の治療にも使われるもので予防先進国ではあたり前のように行われ、むし歯予防にとっては欠かすことのできない重要なものです。

このフッ素(フッ化物)の使用は子どもだけでなく、症状の出にくい大人のむし歯予防にも効果的ということをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

フッ素(フッ化物)の働きは

「歯を強くする」

「再石灰化の促進」

「むし歯菌の活動を抑制」

「初期のむし歯を修復」

要するに、強い歯を作り、むし歯ができにくく、進行もしにくくなるということです。

フッ素(フッ化物)を使った予防法は、皆さんが親しみやすいフッ素配合歯磨剤や洗口剤の使用・そして歯科医院での定期的なフッ素(フッ化物)塗布です。

むし歯のリスクは個人差の他に、年齢によってもだいぶ違ってきます。それぞれ一人ひとりに合った方法で組み合わせると良いでしょう。

この時期にもう一度、フッ素(フッ化物)の使用を考えてみませんか。そして、いつまでも「いい歯」を保ちましょう。

担当 スタッフ

上に戻る