インフルエンザ対策は歯磨きから

今回は、インフルエンザと歯磨きの関係についてお話します。

 

インフルエンザの流行る時期になってきました。

皆さんは、インフルエンザ対策として何をされているでしょうか?

 

実は、手洗いやうがい、マスクの着用と同様に「歯磨き」にもインフルエンザの予防効果があるのです。

 

鼻から喉にかけての粘膜はタンパク質の膜で覆われているため、通常インフルエンザウイルスは侵入できません。

しかし、口腔内が不潔な状態だと、口腔内の細菌が作り出すプロテアーゼという酵素が鼻から喉の粘膜を覆っているタンパク質の膜を破壊し、インフルエンザウイルスが侵入するのを手助けしてしまうのです。

つまり、口腔内の細菌が増えるとプロテアーゼが増え、インフルエンザに感染しやすくなるのです。

 

また、奈良県歯科医師会の調査では、ある介護施設で歯磨きや歯石除去などの口腔ケアを徹底したところ、そうでない施設に比べて、インフルエンザの感染率が10分の1にまで減ったという報告があります。

 

他にも、口腔内細菌が多いとインフルエンザ治療薬が効きにくくなるという報告もあり、特にインフルエンザによる死亡率の高い高齢者で有効であると言われています。

 

お口は体の入口であり、インフルエンザウイルスは口から感染しやすいので、歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングで清潔な口腔内を保ち、インフルエンザを予防しましょう。

 

担当 スタッフ

上に戻る