歯を失ってしまう前に~歯周病治療~

「お口の病気」で一番に思い浮かぶのは「虫歯」ではないでしょうか。しかし、日本人が歯を失う原因としてもっとも多いのは、実は「歯周病」です。日本人の成人の約8割が、すでに歯周病にかかっている、あるいは予備軍であると言われているほど、蔓延している病気なのです。

こちらではさいたま市浦和区、北浦和駅前の歯医者「森山歯科クリニック」が歯周病治療についてご紹介します。もはや他人ごとではない歯周病のことを、しっかり理解しましょう。

気づいたときには手遅れになることも……

気づいたときには手遅れになることも……

歯周病は、歯にこびりつく歯垢にすみつく歯周病菌が、歯茎の腫れ、歯を支える顎の骨を徐々に溶かしていく病気。悪化すると歯は支えを失って抜け落ちてしまうこともあるのです。

歯周病は初期には自覚症状がないため、知らず知らずのうちにどんどん進行していくのが特徴。気づいたときには手遅れになっていた……というケースも少なくありません。また、心臓病や糖尿病などの全身疾患とも深く関わっているため、注意が必要です。日ごろからお口の中の状態を気にかけ、次のような症状が見られる場合にはすぐに適切な治療を受けましょう。

歯周病の症状

次のような症状がある場合、歯周病にかかっている可能性があります。できるだけ早く当院までご相談ください。

歯磨きをすると
出血する
歯ぐきが
赤く腫れている
朝起きると口の中がネバネバする 硬いものが
咬みにくい
歯ぐきが
むずがゆい・痛い
歯が長くなったように見える 歯と歯の間に物が
はさまりやすくなった
口臭が
気になる

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の治療法はさまざまです。治療法は、一人ひとりの患者さんの症状・進行状況に合ったものを選択する必要があります。また、どんな治療にでも言えることですが、治療は早いに越したことはありません。悪化させて歯を失うことになる前に適切な治療を受け、大切な歯を守りましょう。

歯周病の予防

歯周病は慢性疾患であり、いくら治療をしても完治させることはできません。しかし、それ以上の悪化を食い止め、症状を改善させることは可能です。また歯周病は予防できる病気でもあります。悪くなる前から定期検診に通い、専門的なクリーニングなどのメインテナンスを受けることで、発症を防ぐことができるのです。

いつまでも自分の歯で食事を楽しめるよう、定期検診に通う習慣をつけて歯周病を予防しましょう。

歯周病の原因

【原因1:歯周病菌】
お口の中には500種類以上の細菌が棲んでおり、その中のいくつかが歯周病の直接的な原因になります。

【原因2:
生活習慣病的要因】

喫煙習慣や糖尿病、歯ぎしり・食いしばり、また過度のストレスなど、様々な生活習慣が歯周病を引き起こす原因になると言われています。

【原因3:遺伝的要因】
ご家族に歯周病にかかっている方がいる場合、歯周病になる確率が高まると言われています。該当する方は、一度検査をおすすめします。

当院では、患者さんの立場に立った診療のご提供に努めています森山歯科クリニックの「診療コンセプト」はこち

お陰様で当院は、多くの患者さんに選ばれ続けています「森山歯科クリニックにはじめてお越しになる方」はこちら

上に戻る